他社との違い

弊社のコアとなっているのが「精密加工技術」「多品種少量生産技術」「装置設計技術」です。合成繊維製造設備の精密ギヤポンプの分野ではすでに国内トップクラスの実績とポジションを確保。自社製品を組み込んだ製造設備は広く世界で活躍しています。これらの実績と平行して、意欲的に取り組んでいるのは環境及び医療分野への技術応用。合成繊維の逆浸透膜を利用した濾過装置、活性炭フィルターを組み込んだ公害防止装置の設計製作。また、医療分野においては人工透析装置の製造など、先端分野で実績を上げています。


設計のみならず、製缶、機械加工、精密加工及び研磨、組み立て、検査まで自社で行うことにより、技術者同士の相談で新しい技術を作り上げています。

精密ギヤポンプ

多ポートによる省エネ効果

協和ファインテックの多ポートギヤポンプなら1台のギヤポンプから複数の吐出が定量で得られるため、モーターの数を削減でき、消費電力を大幅に抑えることができます。

過酷な環境でも使える高スペック

圧力や粘度の変動に強く、最大450℃の高温度でも安定した送液が可能です。用途によって耐食性に優れた材料を運ぶことで、長く安定したラインを構築することが可能です。

精密ギヤポンプ